弁護士のご紹介

弁護士 伊藤大介(いとう だいすけ)

昭和38年1月8日生。三重県出身。
昭和60年3月、広島大学教育学部教科教育学科国語教育学専修卒業
昭和60年4月、奈良県にある私立中学高校で国語科教諭として10年間勤務し、平成7年3月退職。
平成8年11月、司法試験合格。
平成9年4月、司法研修所入所(司法修習は奈良地方裁判所に配属)。
平成11年4月、名古屋弁護士会(現愛知県弁護士会)に弁護士登録。
        名古屋南部法律事務所に入所。
平成19年1月 坂井淳子弁護士とともにあおい総合法律事務所開設。

 両親は長年小さな洋服と雑貨のお店を経営していましたが、時代が違うだろうしお前は自分で自分の仕事を見つけろと言われ、教師になりました。中学高校で現代文、古文など授業をこなし、高校の担任で学級経営の日々を過ごしました。
 教師も弁護士も実務家であることには変わりません。より実践的、より現実的、より妥当な解決を模索することが求められるので、まさに格闘の毎日です。これまで、市民や中小企業経営者の方の依頼を幅広く受けて来ました。金銭貸借、保証、賃貸借、不動産トラブル、消費者問題、保険金、交通事故、離婚、夫婦関係、親子関係、遺産相続、遺留分など一般民事事件のほか、会社取引、契約トラブル、労働事件(労災事故、解雇、賃金)、外国人在留、刑事少年事件など扱ってきました。
 時代の変化とともに事件は変容します。新しい問題に対しても現実的な解決を目指すためには、時代に乗り遅れないことはもちろん、より柔軟でありたいと望んでいます。自らの人生を確認するつもりでこれからもさらに弁護士業務に頑張りますので、よろしくお願いします。

弁護士 坂井淳子(さかい じゅんこ)

昭和43年5月生。埼玉県出身。
平成4年  中央大学法学部卒業
平成10年 司法試験最終合格
平成11年 司法研修所入所(鹿児島地方裁判所にて修習)
平成12年 弁護士登録(東京弁護士会)
平成15年 名古屋弁護士会(現愛知県弁護士会)へ登録換え
平成19年 伊藤大介弁護士とともに、あおい総合法律事務所開設

 弁護士登録以来、実に様々な問題を扱ってまいりました。東京にいたときは企業法務が中心でしたが、名古屋へ来てからは、中小企業、一般市民の方からのご依頼がほとんどです。
 ほぼ常時扱っている案件としては、交通事故を始めとする損害賠償問題、個人の方の借金問題、会社の倒産問題、離婚・相続・遺言等の家事一般、刑事事件です。投資被害、悪徳商法等を始めとする消費者問題にも力を入れています。いわゆる「消えた年金問題」を世に出る前に扱っており、マスコミに取り上げられたこともありました。当事務所開設以来増えているのは、破産管財人、成年後見人、相続財産管理人、遺言執行人等、財産の管理、処分等を職務の内容とするものです。日弁連交通事故相談センターにおける、示談斡旋の斡旋委員もしばしば務めています。
 様々なトラブル、悩みを伺う中で、もう少し早い段階でご相談いただけたらと思うことがあります。弁護士の仕事のほとんどが、ご相談者、ご依頼者の話を聞くことから始まります。まずは、お気軽にお聞かせください。よろしくお願いいたします。

このページの先頭へ